お手紙の書き方について【再投稿】

こんにちは!
ツタエテガミプロジェクトに興味を持ってくださりありがとう。

お手紙の書き方にいくつか決まりごとがありますので下記、ご覧くださいませ。


あなたが書いたお手紙は、神戸から気仙沼の仮設住宅または災害公営住宅に住んでいる方へお届けします。


・お手紙は責任を持ってお渡ししますが、受け取られる方の状況によってお返事が来るとは限りません。

でも、心をこめて書いたお手紙は、きっと受け取った方の心にも残ります。


・ご希望であれば、確実に気仙沼にお届けしたという旨をメールでお知らせします。

ご希望の方はメールの件名にお名前、本文に「報告メール希望」と記入して

tsutaetegami@gmail.com

にメールを送信してください。


●手紙の書き方の手順●


1.どんな人にお手紙が届いてほしいか、を書いた付箋を作ってください。

  【子ども(ふりがなつき) or 大人】 性別や年齢など細かいご希望は添えないことがあります。
またお手紙を渡す時にはがすため、封筒に直接書かないようにしてください。


2.どんな人かを思い浮かべながら、お手紙を書きましょう。内容はどんなものでも構いません。

  初めてのお手紙なので自己紹介などあれば、共通点が見つかってお返事しやすいかもしれませんね◎

  長い文でなくても、カードサイズのものでも、心をこめて書いていれば問題ありません。



3.返信用のハガキ(あて先の欄にお名前・住所を書いておく)も必ず同封してください。
  ※個人情報に関してこちらが完全に責任を取ることはできません。ご了承を頂いた方のみお願いいたします。

4.封筒には、あなたのお名前を必ず書いてください。


5.書けたおてがみは封をせずに、岡本商店街事務局宛の別の封筒にいれて郵送をしてください。
  ※必要なものが入っているか、中を確認させて頂くことがございます。ご了承ください。


【郵送先】
〒658-0072
兵庫県神戸市東灘区岡本1-14-14
岡本商店街振興組合 「ツタエテガミプロジェクト」係り



ツタエテガミプロジェクト
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ツタエテガミプロジェクト

Author:ツタエテガミプロジェクト
2011年6月より神戸・岡本で活動中。

東日本大震災の被災地である宮城県に住む人との文通を通じて、一対一のこころの繋がりを作るきっかけになればと思い
活動しているプロジェクト。
ひとりひとりが繋がって長い心の支え合いを目的としています。

ツタエテガミプロジェクト代表
稲冨歩美・早瀬友季子

★お問い合わせ★
tsutaetegami@gmail.com

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
検索フォーム