クリスマスカードを書きませんか?

-----こちらの募集終了しました----

こんばんは!
寒くなってきましたが皆さんお元気でしょうか?

今回は、わたしたちが定期的なミーティングの場所として使わせていただいたりアドバイスを頂いたり、お手伝いをしているよろず相談室の活動についてのお話しです。

よろず相談室HP

よろず相談室は、阪神淡路大震災が発生してからずっと震災障がい者や復興住宅の方々の見守り活動をしています。
また、東日本大震災が起こってからは、宮城県気仙沼市・石巻市へ頻繁に行き、仮設住宅の見守り等支援を続けています。
ツタエテガミプロジェクトのはじまりは、このよろず相談室の理事長である牧さんという方に手紙の力を教えていただいたことが大きなきっかけとなっています。

さて、今回よろず相談室では、クリスマスカードを神戸の復興住宅の方々や宮城県気仙沼市・石巻市へ送ろう!という話になりました。
数はいくらあっても足りないということで、私たちもお手伝いする事になりました^^

今回の募集はツタエテガミプロジェクトの趣旨とは少し違ったものになります。
送るのはクリスマスカードのみで、匿名でもかまいません。もちろん、お名前や住所を書いて頂いたらお返事が来る事があるかもしれません♪
一人何枚でも書いて頂いてかまいません!みんなでわいわい書くと楽しいですね♪
言葉は一言でも大丈夫です。

例:あなたに暖かいクリスマスが訪れますように…
体調を気遣うひとことや、メリークリスマス☆だけでもOKですよ^^

クリスマスカードの例


奮ってご参加ください。
よろず相談室のクリスマスカードの締め切りは11月末日までとさせて頂きます。
ひとりでも多くの方々に、ひとつでも多くの笑顔や元気を^^
よろしくお願いします♪

*****************************************

ツタエテガミプロジェクトとしてお手紙を書きたいという方は以下を参照してください。
文通をしたい!気仙沼の方とつながりたい!という方はぜひご参加ください。
期限はありません。いつでも受け付けています。
ツタエテガミプロジェクトは神戸から気仙沼へお手紙を送り、気仙沼の方とのつながりが生まれるお手伝いをしています。
ルールとしては、お返事が来やすいように返信用のはがきに差出人のお名前と住所を書いて頂いてます。
詳しくはこちら 
----こちらの募集は終了しました---
スポンサーサイト
10 | 2012/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

ツタエテガミプロジェクト

Author:ツタエテガミプロジェクト
2011年6月より神戸・岡本で活動中。

東日本大震災の被災地である宮城県に住む人との文通を通じて、一対一のこころの繋がりを作るきっかけになればと思い
活動しているプロジェクト。
ひとりひとりが繋がって長い心の支え合いを目的としています。

ツタエテガミプロジェクト代表
稲冨歩美・早瀬友季子

★お問い合わせ★
tsutaetegami@gmail.com

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
検索フォーム