はじめまして

はじめまして。

このページに来てくださってありがとうございます。
ツタエテガミプロジェクトです。

このプロジェクトは、被災地に住む方との文通を通じて一対一のこころの繋がりを作るきっかけになれば、と思い2011年6月より神戸で活動しています。
被災地に住む方と個人同士で繋がることにより、長く寄り添える支援を目的としています。

*どうしてこのプロジェクトをはじめたのか

 きっかけの一つ目は2011年6月に初めて東日本大震災の被害が甚大だった宮城県気仙沼市を訪れたときに文通がこころの支えになるということを同行の方から教えていただいたことです。
その方は1995年阪神大震災の頃より孤立した方の見回り相談などされているNPOよろず相談室の牧先生という方でした。兵庫県神戸市は阪神大震災で大きな被害を受けており、その時から神戸の仮設住宅(のちに復興支援住宅になります)に住む方と香川県のある高校にあるお手紙支援の部活「とらすとK」に所属する生徒さんたちとを繋ぐ活動もされていました。
文通で繋がったご縁は高校を卒業してからも続き、震災から何年もたってもその繋がりは絶えることはないそうです。
実際に会えなくても、遠く離れていても支えになることができるということを知りました。

IMG_6885.jpg
★「とらすとK」の生徒さんが実際に書いたお手紙。高校生が書いたお手紙でとっても手作り感満載。
こころがこもっているのが伝わってきます。

そこでお手紙をやりとりすることがどれほど力を持っていて、支えになれることを知り、早速気仙沼から帰ってすぐに気仙沼の避難所にいる方にむけて何通かお手紙を書きました。(一度もお会いしたことのない方です)

実はその方とは今でも交流があり、実際に逢いに行ったりもしています。


 きっかけの二つ目は代表の稲冨が小学校一年の時におきた阪神大震災の時に、新潟県のホームステイ先のお子さんとお手紙のやりとりをしたことです。
  「こんなに遠くの知らない人がわたしのことを思ってくれているんだ」
と感動し、文通で生まれたこころの交流が本当に支えになったという体験もあり、離れた所からでも誰にでもできる支援のひとつである文通を広めていきたいと思い、この活動をはじめました。


*どんな活動をしているのか
みなさんにお手紙を書いてもらい、神戸で集めて、それを宮城県気仙沼市で復興やコミュニティー作りの活動をしている【ボランティアステーション㏌気仙沼】の方に託し、仮設住宅に住んでいらっしゃる方にお渡しています。
受け取った方からのお返事は直接書いた方に届き、その後は個人同士のやりとりになります。

ツタエテガミは文通をはじめる最初のきっかけ作りをお手伝いしています。
現在気仙沼にお届けしたお手紙は約500通。(2014.8現在)
神戸の岡本という街で活動しており、町のご協力いただいているお店さんやスペースにポストを置きお手紙を集めています。お手紙は郵便でも受け付けていますので岡本に直接これない方もご参加できます。
ミドリカフェ
★お店の一角に置かせていただいているポスト@ミドリカフェ



  阪神大震災を経験した神戸の人たちは「忘れられることが一番こわいことだ」とおっしゃいます。
実際、東日本の震災が起こり3年以上が経ちましたが、ニュースでも現地がどういう状態か
報道される機会がどんどん減っています。震災を風化させないように、気仙沼をはじめとした被災地の現状を知って頂けるような情報も積極的に発信していきます。
一人でも多くの方に被災地の現在を知って頂ければ幸いです。


みなさんの心のこもったお手紙あっての活動です。
もし興味をもたれた方は是非お手紙を書いてみてください。



ツタエテガミプロジェクト代表:稲冨歩美・早瀬友季子
tsutaetegami@gmail.com

ツタエテガミプロジェクトって?

おてがみの書き方

お手紙の郵送先


2014.8
スポンサーサイト
07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ツタエテガミプロジェクト

Author:ツタエテガミプロジェクト
2011年6月より神戸・岡本で活動中。

東日本大震災の被災地である宮城県に住む人との文通を通じて、一対一のこころの繋がりを作るきっかけになればと思い
活動しているプロジェクト。
ひとりひとりが繋がって長い心の支え合いを目的としています。

ツタエテガミプロジェクト代表
稲冨歩美・早瀬友季子

★お問い合わせ★
tsutaetegami@gmail.com

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
検索フォーム