FC2ブログ

お手紙お届けについて大切なお知らせです

毎日暑い日が続きますが皆様いかがお過ごしでしょうか。


さて、この度は気仙沼にお手紙を書いていただき本当にありがとうございます。

お預かりしたお手紙ですが、8月頭に気仙沼へ送らせていただく予定でしたが予定が少し遅くなりそうです。

今の気仙沼の状況としまして、7月末からコロナ感染者が少しずつ増えており、コロナ対策を行ったイベント開催はできるのですが、物を渡したり、各部屋への訪問が全面出来なくなってしまいました。

コロナ禍が長引く中、人と会う機会が減ってしまって孤独に感じている方も多いようで、できる限りはお手紙を届けたいと思っておりましたが、それも今の状況ではできなくなってしまいました。

今後の流れとしましては、お手紙を気仙沼でお配りいただいているボランティアステーションの方と状況を確認しながら、お手紙をお渡しいただけるようになりましたらお手紙をお願いすることにしました。今の予定では9月ごろを予定していますが、

感染者数がこのまま落ち着かなければそれも長引くことと予想されます。どうか長い目で見ていただければと思います。




それに伴い、今年の11月末締め切りのお手紙は

受付を一時的にお休みさせていただきます。

次回の予定は2022年3月末ですが、

また予定が変わりましたらブログにて

お知らせさせていただきます。

震災から10年以上の月日が経っても、離れていても、【忘れられていない、思ってくれている人がいる】ということがとても励みになりますので

またコロナが落ち着きましたらお手紙いただけたら嬉しいです。







手紙の書き方▼

http://tsutaetegami.blog.fc2.com/blog-entry-121.html




そして、お手紙をいつも気仙沼で配ってくださっているボランティアステーションin気仙沼さん。現地出身スタッフさんが、気仙沼の災害公営住宅や仮設住宅のコミュニティ作り活動をされたり、見回り訪問されたりしています。活動を応援してくださる方、ぜひブログをご覧ください▼

http://vsk311.com/




お問い合わせは

tsutaetegami@gmail.com 

〒658-0072 

神戸市東灘区岡本1-2-3印綬産業ビル1F 

よろず相談室 ツタエテガミプロジェクト係
ツタエテガミプロジェクト 稲冨 早瀬
スポンサーサイト



お手紙お届けのお知らせ

今年は少し早めの桜の花が新緑へと変わり始めましたがみなさまいかがお過ごしでしょうか。
3月末までに書いていただきましたお手紙を4月はじめに気仙沼へ送らせていただきました。
去年から引き続き外出も気軽にできず、人と会う機会が減ってしまって孤独を感じている方も多いようで、その中で届くお手紙はほっと心安らぐ瞬間になっているようです。
遠く離れたところからでも、お家にいながらでも出来る支援です。 
もしタイミングが合えばお手紙書いてくださいね(*^^*)
10年という月日が経っていても、離れていても、『忘れられていない、思ってくれている人がいる』ということがとても励みになります。
これからもどうぞよろしくお願いします。


 次のお手紙回収は2021年7月末予定ですが
新型コロナウイルスや大きな地震の影響等でお手紙がお渡し出来ない状況になる可能性もあります。
そうなった場合お手紙の受付を一時的にお休みすることもあるかもしれません。
また状況が変わりましたらFacebook、ブログでお知らせさせていただきます。
お手紙を書いてくださる場合は届くであろう季節も考慮していただきますようお願いいたします。
 手紙の書き方▼
http://tsutaetegami.blog.fc2.com/blog-entry-121.html?spリンク

クリスマスカードのお礼メッセージいただきました

こんばんは!早いもので2021年も暦の上では春ですね。


遅くなってしまいましたが、クリスマスカードを送った先の方々よりお礼のお言葉やお返事をいただきましたので一部ご紹介します!
改めてご協力頂いた皆さま、ほんとうにありがとうございました。
直接足を運んだりすることが難しい中でも、できることはあるし、皆さまの暖かいお気持ちを届けることができて私たちツタエテガミプロジェクトもとても嬉しいです!
今後ともよろしくお願いします!


【中学校より】
お送りいただいたカードは、恒例となった、中学生のサンタクロースから全校生、教職員に渡しました。
また、同じ校舎で一緒に生活している小学生にも配り、心温まるメッセージが一足早いクリスマスプレゼントとなりました。


【学童クラブより】
頂いたクリスマスカードを子どもたちと拝見し、頂いた経緯や遠く離れた方々とのつながり、同じ体験をして来られた方の想いなどを話す事で子どもたちも元気をもらえた事と思います。


【復興住宅 団地会より】
コロナ禍の中皆様の思いに住民一同大変喜んでおります。
暗い世相に灯が点いたとの意見もありました。


【まちづくり支援センターより】
気仙沼では新型コロナウイルスの感染者が累計で5に踏みとどまってはいます(当時)が、警戒心が強く、人が集まる機会が激減しています。
そんな中でも、当該のまちづくり協議会では未だ東日本大震災の被災地に思いを寄せてくれる方々がいることに感銘を受けてくださいました。
心から感謝と御礼を申し上げます。


【移動支援サービスより】
(利用者さんは)このコロナ禍で通院すら回数が減り、外出機会が減少した今年の終わり頃に素敵なカードを頂いて、元気をもらったとおっしゃっていました。
私たちも利用者さんとの会話のきっかけになり大変ありがたく感じております。


クリスマスカードの時期だけではなく、普段からお手紙は随時募集しています。


次のお手紙回収は2020年 3月末予定。


お手紙の書き方


そして、お手紙をいつも気仙沼で配ってくださっているボランティアステーションin気仙沼さん。現地出身スタッフさんが、気仙沼の災害公営住宅や仮設住宅のコミュニティ作り活動をされたり、見回り訪問されたりしています。活動を応援してくださる方、ぜひブログをご覧ください▼


ボランティアステーションin気仙沼さんのブログ



クラウドファンディングにご協力をお願いします

2021年になってはじめてのブログです。


本年もツタエテガミプロジェクトをどうぞよろしくお願いします。




今日で阪神・淡路大震災から26年。


昨年には、私たちツタエテガミが手紙部門をお手伝いさせていただいているよろず相談室が証言集を出版されました。


それに関するクラウドファンディングが立ち上がっていますので、ぜひ一度ご覧になって頂ければ幸いです。


伝え続けていきたい、忘れてはいけない。


私たちプロジェクトも応援しています!!




(以下抜粋)


阪神・淡路大震災の直後から、被災者の見守り活動を続けてきた私たち「よろず相談室」は、四半世紀にわたる活動の集大成として、この度、18世帯26人のあゆみをまとめた証言集を出版しました。阪神・淡路大震災の教訓が、東北の被災地の学校教育や地域の防災学習の場で活用され、その一助になって欲しいと願っています。集まった金額に応じて、東北各県の教育委員会に宛てて本を贈ります。




https://kobe.en-jine.com/projects/yorozu-book


リンク

たくさんのクリスマスカードありがとうございました☆

あっという間にもう年末…みなさまおかわりありませんか?
さて募集していました被災地に向けたクリスマスカードですが…

なんと750通も集まりました!

本当に本当にありがとうございました✨
例年はイベントなどでクリスマスカードを手渡ししていただくように各地の担当の方が工夫されていたのですが、このコロナ禍でなかなかイベントもできず、お配りするのが難しいのではないかと思っていました。
今回一枚一枚カードを封筒に入れ、手渡しでなくポスティング等でも気持ちをお届けできるように工夫しました。

また、今年は新梅田シティライオンズクラブ様よりご寄付をいただきました。
おかげさまで無事6カ所への発送が完了いたしました。

きっとカードを手に取られた方も温かな気持ちになっていただけたはず🌲
みなさまにとっても素敵なクリスマスになりますように心からお祈り申し上げます☺️

では少し早いですが良いお年をお迎えください😊

次のお手紙回収は2020年 3月末予定。


手紙の書き方▼
http://tsutaetegami.blog.fc2.com/blog-entry-1.html


そして、お手紙をいつも気仙沼で配ってくださっているボランティアステーションin気仙沼さん。現地出身スタッフさんが、気仙沼の災害公営住宅や仮設住宅のコミュニティ作り活動をされたり、見回り訪問されたりしています。活動を応援してくださる方、ぜひブログをご覧ください▼

http://vsk311.com/
08 | 2021/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

ツタエテガミプロジェクト

Author:ツタエテガミプロジェクト
2011年6月より神戸・岡本で活動中。

東日本大震災の被災地である宮城県に住む人との文通を通じて、一対一のこころの繋がりを作るきっかけになればと思い
活動しているプロジェクト。
ひとりひとりが繋がって長い心の支え合いを目的としています。

ツタエテガミプロジェクト代表
稲冨歩美・早瀬友季子

★お問い合わせ★
tsutaetegami@gmail.com

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
検索フォーム